野球肩とは?

もしボールを投げているとき肩に痛みを感じたら、野球肩になっているかもしれません。

野球肩とは野球における投球動作で、肩関節へのストレスが繰り返しかかることで投球時に痛み・脱力感が生じる症状を指します。

野球肩の原因

野球肩が起こる原因については、投球という方に負担のかかる動作を何度も繰り返し行なうことで、関節や筋肉に小さな損傷が重なることで発生します。投球動作は体の各部位の運動を通じて肩関節を動かし、その力を指先からボールへ伝えていく動作であるため、とても速いスピードで腕が回転する動作自体が肩に大きな負担をかけます。

そのためムリな練習による投げすぎや悪い投球フォーム、適切ではないコンディショニングのうち一つでも当てはまる状態では野球肩の症状が起こるリスクが増えてしまいます。

投球動作は全身を使った動きであるため、肩周りに限らず下半身・体幹の状態や、動きの連動性が悪いことも結果として症状を招くことにつながります。

野球肩の症状

野球肩の症状については、腕を上げる際に痛みを感じたり投球時・投球後に肩の痛みを感じるなどが挙げられます。他にも関節が動く範囲の制限や力が入りにくくなり、全力投球が行えない、球速が下がり、遠投で遠くまでボールを投げることが難しくなるなどの症状があります。

日常生活に困らない症状がほとんどですが、練習や試合を休んで一時的に痛みを感じなくなっても、投球を再開すると再度症状が起こる場合もあるので、何も対処をせずに放置せず当院にお越しください。

 

様々な治療を試みてきたけど
根本的な改善にならなかった

そのように諦めている方は、
是非一度当院にお時間をください。

残念ながら、中には改善できない症状もあります。その際は、無駄に治療を引き伸ばしたりせずに申告致します。
改善の見込みがあると判断した際は、そこに向かうプロセスやスケジュール、
患者様に協力していただきたいことなども合わせてご提案させていただきます。

 

 

料金形態はこちら!

料金形態