自律神経の乱れとは?

24時間休むことなく働いている自律神経ですが、バランスが崩れると不調をきたします。症状の種類や出方や重さには個人差があり、悪化したり普段から不調を抱えている部分が痛んだりすることも多いです。

自律神経の乱れの原因

自律神経の乱れの原因についてはいろいろありますが、人間関係や環境からくる心身のストレス、昼夜逆転生活など不規則な生活による生体リズムの乱れ、また疾患に起因する自律神経のバランスの乱れなどがあります。

自律神経の乱れからくる症状

自律神経の乱れを原因とする症状については不安や緊張、抑うつ状態、吐き気や倦怠感、頭痛や手足のしびれ、動悸などです。人によっては神経性胃炎や過呼吸症候群になるなど症状は様々です。

また更年期障害が自律神経の乱れを招く場合や自律神経失調症がさらなる自律神経の乱れにつながることもあり、そうなると悪循環に陥る可能性があります。

このように様々な困り事の原因になる自律神経の乱れですが、日常生活でできる予防法や対処方があります。自律神経のバランスを崩さないことなので、リラックスできる方法を見つける、日常生活を見直して規則正しい生体リズムを維持する、適度な運動をすることなどです。

ストレスが溜まってきたなと感じたら意識して休息する、ストレスを抱え込まない、ネガティブに物事を考えないようにすることも大切です。

 

様々な治療を試みてきたけど
根本的な改善にならなかった

そのように諦めている方は、
是非一度当院にお時間をください。

残念ながら、中には改善できない症状もあります。その際は、無駄に治療を引き伸ばしたりせずに申告致します。
改善の見込みがあると判断した際は、そこに向かうプロセスやスケジュール、
患者様に協力していただきたいことなども合わせてご提案させていただきます。

 

 

料金形態はこちら!

料金形態