捻挫とは?

捻挫は不自然な形で足首や指をひねってしまって引き起こる怪我になります。指や足首だけではなく、体のどこの関節でも起こる可能性があります。

捻挫になってしまうとしばらく運動ができなくなったり、普段の生活に支障が出ることもあるので注意が必要です。

捻挫の原因

捻挫の原因については関節や靭帯・腱・軟骨などが傷つくことで捻挫になってしまいます。

関節内の骨と骨とをつなぐ役割がある靭帯が伸びてしまって切れたり、関節を包む関節包が損傷することで引き起こります。スポーツ外傷が一番多く、足首を捻挫してしまうことが多々あります。

捻挫の症状

捻挫は3つのレベルに分けることができ、1度から3度というように分類します。1度の場合には軽度になり痛みも腫れも軽く靭帯が一時的に伸びている状態になります。

2度の場合には靭帯の一部が切れている状態で、うずくような痛みや腫れを伴うことが多いです。1度に比べて痛みや腫れがひどく、内出血などもみられることがあります。3度の場合には完全に靭帯が切れている状態になります。

激しい痛みやひどい腫れ・広範囲に内出血を引き起こし、関節は不安定になります。足首の場合には関節が不安定になることで体重をかけることができなくなってしまいます。軽症の捻挫でも靭帯は弱っているため油断は禁物です。大丈夫だろうとそのまま運動を続けていると悪化してしまいます。軽度、重度にかかわらず捻挫の痛みは当院にお任せください。お客様に満足のいく施術を提供いたします。

 

様々な治療を試みてきたけど
根本的な改善にならなかった

そのように諦めている方は、
是非一度当院にお時間をください。

残念ながら、中には改善できない症状もあります。その際は、無駄に治療を引き伸ばしたりせずに申告致します。
改善の見込みがあると判断した際は、そこに向かうプロセスやスケジュール、
患者様に協力していただきたいことなども合わせてご提案させていただきます。

 

 

料金形態はこちら!

料金形態