テニス肘とは?

雑巾を絞ったり、タオルを絞ったりするとひじの外側から手首にかけてぴきっと痛みが走ることがあります。

また物をつかんで持ち上げると同様の痛みが走る人も非常に多いです。これはテニス肘と言われるものを疑う必要があります。

テニス肘の原因

中高年以上に発症しやすかったり、テニス愛好家にも発症しやすいことが知られていてこのような病名がついてます。正式名な病名は上腕骨外側上顆炎と言います。

原因についてははっきりしたことがわかっていません。年齢とともに肘の腱がいたんで起こるという説も多いですが、短橈側手根伸筋の起始部が肘外側で障害を生じていることが原因として考えられます。

テニス肘の症状

症状については前述したとおり、物を絞ったり、物を持ち上げる時にピンと張ったような痛みが走るのが特徴的です。そして何もしていない安静時には、痛みが走ることはほとんどありません。

ただ、放置してしまうとテニス肘は症状が悪化することがあります。

 

様々な治療を試みてきたけど
根本的な改善にならなかった

そのように諦めている方は、
是非一度当院にお時間をください。

残念ながら、中には改善できない症状もあります。その際は、無駄に治療を引き伸ばしたりせずに申告致します。
改善の見込みがあると判断した際は、そこに向かうプロセスやスケジュール、
患者様に協力していただきたいことなども合わせてご提案させていただきます。

 

 

料金形態はこちら!

料金形態