ばね指とは?

一般的に日常生活や仕事などで、手を使う機会が多くある人が悩まされるようになることが多いのがバネ指です。カクッとした引っかかりを感じた後に、急に伸びるようになるため「ばね指」という名称となりました。

ばね指の原因

バネ指の原因については、手の使い過ぎが挙げられます。手には前腕にある筋と手指を繋いでいる屈筋腱や、その屈筋腱を押さえている靭帯性腱鞘があります。

これらはスムーズに指を曲げたり伸ばしたりするのに欠かせない組織です。しかし靭帯性腱鞘に炎症が起きて腫れてしまうことが原因となり、動きが悪くなったり痛みが出たりといった症状が現れてしまいます。

ばね指の症状

バネ指の症状については、まず手の指の痛みやこわばりがあります。指の付け根に痛みがあったり、付け根部分が腫れていたりすることもすくなくありません。場合によっては手のひらの指の付け根が熱を持っていたりすることもあるようです。

また指を曲げたり伸ばしたりする際にスムーズな動きとならず、ぎこちない動きとなってしまうこともあります。こういった症状を放置してしまうと、次第に進行しさらに悪化すると指が曲がったまま戻らなくなることもあります。

そして曲がったままの状態の指を無理に治そうとしても、まるでバネのように戻る動きになってしまうこともあるのはバネ指の大きな特徴です。

 

様々な治療を試みてきたけど
根本的な改善にならなかった

そのように諦めている方は、
是非一度当院にお時間をください。

残念ながら、中には改善できない症状もあります。その際は、無駄に治療を引き伸ばしたりせずに申告致します。
改善の見込みがあると判断した際は、そこに向かうプロセスやスケジュール、
患者様に協力していただきたいことなども合わせてご提案させていただきます。

 

 

料金形態はこちら!

料金形態